2013年04月29日

桜鱒

サクラマス.jpg

全長約40cmのサクラマス。食材として高級魚扱いされていたりします。















これをどこで仕入れたかというと・・・












レイク湯崎入漁券.jpg

入場券を購入。











レイク湯崎.jpg

茨城県友部にある管理釣り場<レイクユザキ>です。











サクラマスですが、どこの誰が釣ったのでしょう?

ではこの日の釣り人達を見てみましょう。
















tuba.jpg

釣り人Tu「全然釣れないっすよ。」ふらふら











tomo hira.jpg

釣り人To 「渋いっすねぇ・・・」










sho.jpg

釣り人S 「まぁまぁかな。」











oga.jpg

釣り人0 「ちっこいのしかこない。」ちっ(怒った顔)











toshi & kuma.jpg

釣り人TT 「ヤマメ釣りましたよ。」わーい(嬉しい顔)











oga 娘.jpg

釣り娘 「・・・」











hirao.jpg

釣り人H「一匹だけです。」もうやだ〜(悲しい顔)










keisuke.jpg

釣り人Kei 「うーん。」











kuma & 奥さん.jpg

釣り人Kum 「釣れてますかぁ?」











kokinu  .jpg

釣り人KK ひたすら投げてます。











kuri.jpg

釣り人Kur 「バーベキューはまだかな。」











oga 奥さん.jpg

釣り母 「釣ろう釣ろう。」











toru.jpg

彼が水面に近づくと魚がビビって逃げるらしい・・・











hira 母子.jpg

釣り母と子











toshi 父子.jpg

釣り父と子











daiki マラブー.jpg

釣り先生 「マラブーは釣れるよ。」











tuba fish.jpg

Fishexclamation 待望の一匹。
奇麗なニジマスちゃんです。











hira 父子.jpg

Fishexclamation×2
親子でゲット。お父さんは初フライですが、けっこう釣ってます。











tomi fish.jpg

これは大きいぞるんるん

tomi set.jpg
そりゃルアーもフライも準備万端だもんね。











サクラマスfish.jpg

おおおっぴかぴか(新しい)
これは サ・ク・ラ・マ・ス ではありませんか。
ゲット出来たのはHiさんの親切とTTさんのマラブーと先生のアドバイスがあってこそ。
皆さんに感謝です。
















お昼は皆でBBQ。



tomi 乾杯.jpg

フィッシングクラブ会長の乾杯







サバク.jpg

釣ったばかりのニジマスをさばきマス。






ニジマス.jpg

新鮮だね。






daiki ありがとう.jpg

BBQの場所取りとタケノコをもらいました。ありがとうございます。



タケノコ.jpg








BBQ1.jpg








BBQ2.jpg








BBQ3.jpg









集合写真.jpg

魚は恵まれた人とそうでない人もいるけれど、天候に恵まれて良かったね。

お疲れさまでした。






















おまけ

自然観察.jpg

人は人を求めて、その後は動物を好きになり、そして植物に興味を抱き、
ついつい自然観察。

(余談ですが、やがては石を愛してその下に眠るらしいです。)






ドングリ.jpg

ドングリがパックリ。自然の中でこうやってシェアを伸ばそうとしているんだね。





カタツムリ.jpg

カタツムリ発見。眠ってますね。眠い(睡眠)
























今日の釣りで学んだこと

この状況ではドライフライは釣れないと思い込んでタカをくくって置き竿していたら、知らぬ間に魚が掛かっていて、水の中へ釣り竿を釣っていかれてしまいました。
竿は救出出来ましたが、置き竿はしてはいけないということを学びました。






ペレットペレット.jpg

ペレット.jpg

さらに今回用意したペレット(餌)に似せたフライ。
フライに重量があるために持っていた3番のロッドでは飛ばせないどころか自分を釣ること数回。技術を磨かないといけません。それと5番あるいは6番のラインとロッドが必要かな。








いつもはドライにこだわる私も、せっかく巻いたので沈むフライ“トラウトガム”を初めて試してみました。
ディアスキン(鹿革)を使ったフライです。

トラウトガム.jpg

これ釣れます。










ほぼ三年ぶりの釣りでしたが修行は大事ですね。これは釣りに限らないのですけど。

また釣りへの誘いがあるので、今年はもう1、2回は行こうと思います。
人生楽しもうぴかぴか(新しい)



posted by Johnny-Dee at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚釣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック