2009年08月19日

ギャップを越えて

強面だけれど優しい人がいたり、ヤンキーかと思えば昆虫好きだったり・・・。付き合ってみればわかることがあるものです。
そして付き合い初めは良い事がわかるのですが、いっしょに暮らし始めるとそうでないこともわかってきます。W
マイカーは1969年製のワーゲンバス(レイトバス)なのですが、見た目はとても愛くるしいのです。大概の女性は「かわいいー!」と第一声を発します。

レイトバス 真島旅館.JPG


バスと暮らし始めて2年以上が経ちましたが、これまでにウィンドノブがポロリと取れたり、ウィンカーレバーが反対側までクルリと移動したり、サンバイザーの軸がポキッと折れたり、アフターファイヤーが勃発したりと色々な事が発生しました。

パワステ無し、エアコン無し、ヒーターは効きません。身体に直接影響を及ぼす条件もこれだけ揃っております。また集中ドアロックやパワーウィンドーやパワーアンテナなどの便利機能もありません。ラジオはAMだけ。加速は軽自動車にぶっちぎられます。高速走行は90km巡航がよいところで、登坂になると80kmを下回ります。現代の自動車が当たり前になっている方にはとても乗りづらい車でしょう。

手間がかかるので、そのための時間とお金がかかります。ですから生活と密着した使い方をされる人には向かないのだと思います。ということはちょっと贅沢な車なのですよね。家族がいる方が所有するとしたら厄介者が一人増える覚悟が必要です。ましてトラブルメーカーだったら、問答無用で家族から非難を浴びる事は間違い無いでしょうから。幸い我家ではかみさんの実家である秋田(片道650km)まで行けているのでなんとか大丈夫です。W

かわいいだけじゃぁ乗れません。いっしょに生活出来るかどうか?ここ大事です。


トウモロコシ畑.JPG


そんな生活を楽しんでみたい方はここの店長とお話されると良いかもしれません。

SunwineastLOG.gif


posted by Johnny-Dee at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック