2009年06月29日

ピッチピッチグッチャグッチャRUN RUN RUN♪

まさかねぇ。
TVでガンバ大阪と横浜マリノスの試合を観ていたんだよ。画面の向こう側の試合会場になっている横浜は雨。西からやって来る梅雨前線だから、もうじき埼玉県にも降ってくるだろうと思っていたら案の定、雨が落ちてきた。一応ザーザーと音が聞こえているけれど、どれだけの降りなのか確認するためにベランダに出てみる。するとやはりあっという間にTシャツが濡れる雨量であることが確かめられた。この時点で、今日の親父サッカーの練習試合は無しだろうと確信した。そこで、ゆで上がったとうもころしを食べながらガンバとマリノスの試合の続きを観ることにした。観終えた後でふと携帯電話に目をやると、メール受信の青いランプが点滅している。おいおい、こんな雨の休日に何か用なのか?と思いながらメールを開いてみたら、「試合やってるよ。」という文章が目に飛び込んできた。「なっなにぃ!!!」

まったくどういう親父達なのだろう?ピッチはどこも池だらけだってば。インサイドで蹴ったボールは目の前で止まる。ボールを高く蹴り上げる度に水しぶきが飛ぶ。バシャー!ベチャァー!グチョォー!もうどうでもいいや。ここまでぐっちょんぐっちょんになれば、なんにも考えなくて良くなるものだ。童心にすっかりかえってボールと戯れた。なんかすっげぇー楽しんだ自分がいた。



posted by Johnny-Dee at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック