2009年05月17日

フィンケ監督のサッカー

何事も賛否はあることだけれど、今年のレッドダイヤモンズのサッカーは面白い。攻撃の際にスペースに人がめまぐるしく入って来てパスの受け渡しを行なう。オシム氏時代の全日本代表がやっていたことに少し似ているように感じる。大柄な人種ではない日本人にはこのサッカースタイルは合っている様に思う。

パスサッカーであっても個人技は生きている。例えば山田直輝選手の動きには魅了されるもの。パスの受け取り方、出し方、もちろん縦への仕掛けも。違うものを持っていることがちゃんとわかる。

守備や攻撃でそこに顔を出せる選手達を育てている。それがフィンケ監督のサッカーかと。システムは大事だけれど、次にどうすれば良いのかを自分で考えて動けることを教えているのだと思う。

ガンバ大阪との試合は見応えがあったね。ガンバは西野監督のつくりあげてきたスタイルが完成されているから。どこまでフィンケ監督のサッカーが通じるのか?注目せずにはいられなかった。

今年は埼玉スタジアムに足を運びたいなぁ。


posted by Johnny-Dee at 09:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰デス♪
レッズの話題なので思わず書きに来てしまいました!
Jhonnyさんのおっしゃる通り私も思っています!
課題もあるのでしょうが、まだまだ伸びしろがあるように感じ毎試合楽しくてたまりません!
特にガンバ戦はワクワクしました!
ベンチにも良い選手達が控えていますし、フィンケサッカー更に楽しみですね!埼スタ行きたいですね〜!
Posted by vivi at 2009年05月18日 16:13
viviさん

フィルケじゃぁなくてフィンケ監督でしたね。W
観ていて楽しくて、あのバルセロナみたいなサッカーですよね。
山田選手は日本のリオネル・メッシになるかも・・・
原口選手も頭角をぐんぐんと伸ばしてきているし、元日本代表の面々も相当気合いを入れないとレギュラーポジションは取れないのが今のレッズですよね。でもその元代表選手達のここぞの活躍をまた期待しています。ワタシ隠れアレックスファンなので。W
Posted by Johnny-Dee at 2009年05月18日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック