2009年05月05日

こどもの日にはドリブルしよう

バレーボールやバスケットボールではドリブルは反則になる。けれどサッカーではボールを運び、相手ディフェンスを突破したりする時に使う技術のひとつなんだ。このドリブルが上手な選手は見せ場がつくれてかっこいいんだよね。


味方の蹴ったボールがセンターラインを越えて、相手ディフェンスの裏を抜けて自分の前のスペースに。あと目前に見えるのは相手キーパーとその背後のゴールだけです。このチャンスを逃してなるものかとドリブルでゴールに向かって走り出します。とここまでは当人もベンチもイケイケなんですがね、ペナルティエリアに到達する直前に大概の親父は“コケ”っとやるのですよ。いやぁもう気の毒を通り越して爆笑。ヒーローになるはずが泡と消えるその瞬間に誰もがやっぱりオレは親父だと痛感するのです。

五月五日こどもの日。この日は地元の少年サッカーに関わる親父達のための親父サッカー交流日でした。当初は11人制で行なう予定だったのですが、イレギュラーがあり8人制で開催。昼頃に空からポツリポツリと雨が落ちてはきましたが、日ごろ一生懸命働く親父達のために、空の神様がなんとか保たせてくれて最後の試合まで出来ました。

知らぬ間にこの親父チームでは上から数えて二番目の年齢になっていましたが、ドリブルが出来る間は走りまっせ。点獲るのはフォワードの役目ですから。


親父サッカー55-2.jpg

親父サッカー55-1.jpg

親父サッカー55-3.jpg


posted by Johnny-Dee at 22:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶり^^
なんだか忙しくてmixiもできなくて。

子供が活躍して、最後にコテ、これって
何とも切ないやら、まあそんなもんかなあなんて
思ってみたり。
自分が子供の頃に親はどんな気持ちだったのか?
まあ、期待はしてなかったと思うけど、
今の親は子供に過剰に期待してるんじゃないかな。
考え直せよ、お前の子供だぞ、なんてね^^
Posted by よし」 at 2009年05月06日 20:58
よしさん

少年サッカーのコーチと呼ばれるようになって数年経ちましたが、彼らの試合に親御さんがよく来られる子供は素直な子が多いような気がします。素直というのは行儀が良いというのではなくて子供らしいということですけどね。

また、今回の親父サッカーに子供を連れて来られている方がいたのですが、これもまた良いなぁと思いました。
Posted by Johnny-Dee at 2009年05月06日 22:10
お疲れさまでした。
お誘いいただいていたにもかかわらず、参加できなくてすみませんでした。
多分、参加できたとしても5分走れるか・・・(笑)。
自分がプレーすると、Jリーグをはじめとした本職のプレーヤーのすごさがわかりますね・・・。
お声がかかった時に役に立てるように、走れるようにしておこうと、ジャージやらシューズを買ったのですが、意志が弱くなかなか行動に移せません。
そんなわけで、これからがんばります・・・(爆)。
Posted by ノブ at 2009年05月07日 08:51
ノブさん

今回は20名近く人数が集まり、ゼーゼー言いながらも交代作戦で楽しくプレイすることが出来ましたよ。その多くはノブさんよりも年齢が上の方達(ワタシよりは下)ですが、それぞれが自分の力を発揮して頑張りました。
初戦で前回の優勝チームに勝利してしまったのにはびっくりでしたが、その後はいつものチームにもどりました。W
次の大会は年明け1月3日ですので、しっかりと身体をつくっておいてください。W
もしかすると親父達だけの練習会があるかもしれませんので、その際は是非ご参加ください。
Posted by Johnny-Dee at 2009年05月07日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック