2009年02月05日

ジェントルマンのスポーツ?

石川遼選手は清々しいですね。どんな親御さんに育てられたのでしょうね?
なんて思っていたら、遼選手のお父さんはワタシの住んでいる地域の某銀行マンでしたから、すごく身近なところでお取り引きさせてもらっていたのです。
もしかしたら幼い頃の遼選手とどこかで会っているかもしれません。

GOLFはまたブームになるのでしょうかね。
学生の頃だったのですけど、幾回かGOLFをする機会がありましてね、巨大なネットが張られた打ちっぱなしへ行ったり、河川敷の練習場に行ったりしながらコースに出たことがありました。この時にGOLFの良さというのはグループ単位でラウンドすることなのだと感じておりました。移動の間に会話が出来ますからね。ただし、それはある程度プレイをまとめられる力がないとぜんぜん無理なんすけど。
プレイに余裕が無いと自分のことだけで目一杯となり、周囲を見回すことが出来なくなり他人に迷惑をかけることさえも起こります。ワタシ、GOLF場ではアイアンを2、3本持っていつもランニングしていましたし、隣の芝をのぞきに行くこともありましたし、キャディーさんに叱られたことまであります。W

さて、ヘボだからといってGOLFというスポーツが嫌いなのではないのです。このGOLFの良さである移動がどうも苦手なのです。性格柄なのでしょうか、常に動き回っていることが好きでしてね。早く次のティーに立ってさっさとプレイを始めたいのです。いわゆる貧乏性という奴なのだと思いますな。

SOCCERは常に動いています。プレイ時間が何分と決まっているので、その時間内にどれだけのことが出来るだろうか?ということになります。
試合中の会話はでかい声とアイコンタクトです。相手とぶつかれば一触即発に近い様な怒号。そして周囲からは野次に罵声。そんな中でゴールを決めれば歓喜に溺れます。

どちらも紳士のスポーツと言われていますが、GOLFは判定や報告が自己申告である事に対して、どうみてもSOCCERは審判に食ってかかって・・・。
でもワタシはSOCCERが合うのです。とっさに判断した行動の瞬間に結果出てますから。

そのSOCCERですが、日本代表vsフィンランドはスピードを活かした良いかたちで得点していたので、次のワールドカップアジア最終予選の相手オーストラリア戦にも良いコンディションで挑んで欲しいですね。


posted by Johnny-Dee at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック