2009年01月19日

安全長靴

専門学校に通っていた事がありましてね。そこでは照明について学んでおりました。インテリア、映画、TVそして舞台照明。その舞台の中でも日本の伝統芸能である能。この能を舞う檜の舞台は土足なんてもってのほか、裸足でも上がってはいけないのです。ちゃんと足袋を着用しなければなりませんでした。

所かわりましてブンブンブブブンブブブンブン♪ここはアスファルトロード。
ヘルメットはシールドを交換したので視界良好!
グローブとジャケットはもちろんオンロード用ですが、オフ(割引)になっていたお得感たんまりの新古品をゲット!
となりますと単車にかかせない三つの神器のうち残るは足下の装備です。もしですよ運動靴なんてもので転けたらかなりヤバいことになりそうですからね。単車乗りとしてはこれも揃えなければならないところでょう。

かれこれ15年程前になるでしょうか、オフロードライダーだった頃にガエルネというメーカーのそれはそれはごっついブーツを装着していたことがありました。これは岩にヒットしても大丈夫がうたい文句の堅牢なブーツでしてね、膝から下ががっちりとホールドされていました。

流石にオンロードに岩は転がっていないでしょうから、ライダースショップとリサイクルショップを巡り、ライディングシューズ、レーシングブーツ、ワークブーツ等の履き心地を何足も履いては脱いで確かめました。
やはり今時のブーツやシューズはウェアに負けず劣らず進化が凄いのですよ。スキーブーツにあるような機能まで付いていましてね、そりゃぁお値段もなるほど価格です。

怪我と安心とを天秤にかければ保険と考えて多少の額は投資しますけれど、今年は車検が控えていましてね、パソコンのキーボードをカチャカチャ叩きながら思案を巡らしていたその時です。「アッ!これいいかも」と思いきや数字キー打ってエンターキーをポンと押して入札してみました。

オークションは締め切りが迫ってくると気持ちがそわそわしてしまい疲れてしまうのであまり好きではないのですけどね。でもまぁ背に腹はかえられないと言う心境で終了時間を待ちます待ちます待ちます。


SIDIブーツ.JPG

履いてみるとやはり運動靴とはぜーんぜん違いますよね。安心感ありありですよ。誰かが履いた中古品ですけどね、これでシフトやブレーキレバーを操作するのだと思うとそんな事は忘れて十数年ぶりのブーツ感覚に酔いますよ。

二十年近く前になるんでしょうかね、単車の免許を取得したばかりだというのに、恐れを知らず埼玉県から四国まで走ったことを思い出します。あの時は鳴門海峡の渦を見る余裕なんてぜんぜん無かったのですよ。
これからはそんな長い距離を走ることはないかもしれませんが、三つの神器が一通り揃うとツーリングに行きたくなります。
暖かくなってきたらシテ方となってエンジンと排気音が奏でるお囃子を聴きながらアスファルトロードの舞台で舞ってみたいと思います。


posted by Johnny-Dee at 06:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉぉ♪
ガエルネといい、このSIDIといい。。。
イタリヤ製の逸品がお好みなのですね。
足元グルメですね(^o^)

春のなんと待ち遠しい事!
Posted by うっちぃ at 2009年01月19日 16:01

みきです^^

いろんなブログを勉強のため
周らせていただいています。

突然お伺いして申し訳ありませんでした。
やっぱり他の人のブログは参考に
なりますね。

応援させてください〜^^
どうぞこちらにもいらしてください。
ずうずうしいですが、わたしにも
応援して力貸してください!

Posted by みき at 2009年01月19日 16:12
うっちぃさん

足元グルメ・・・
そ、そうかもしれませぬ、ショップで履いたアルパインスターにも胸がトキメキましたもの。

ハルと聴いて“2001年宇宙の旅”を思い起こしてしまうワタシはカモメ。
Posted by Johnny-Dee at 2009年01月19日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック