2009年01月13日

少年達と

冷え込みますね気温も景気も。しかしそんな中でも高校サッカーの決勝戦はすばらしい試合でした。全力を出し切るというのは清々しくて見習うべきものがあります。

昨日と一昨日と二日間はワタシがお手伝いさせてもらっている少年サッカーチームの低学年(小学3年生以下)の大会がありました。小さなローカルな大会なのですが、それでも少年達にとっては日ごろの練習成果を試す良い機会です。

このチームというのはワタシが関わる以前から勝ち星に恵まれることがほとんどない、いわゆる弱小チームなのです。対戦ブロックが決まると相手チームを多いに喜ばせるカモという感じを常に持っていました。確かに勝ちに拘った指導はしていないので仕方がないところはあるのですが、勝負事というのは負けが込むとやはりつまらないものです。自信を無くしモチベーションも下がって行きますしね。

ところがです。いつもはビリ決定トーナメントへまわってしまう彼らなのですけれど年明け早々いったい何が起こったのでしょうか?初戦こそ落としたものの以後の試合は勝ち星をあげて行くではありませんか。それも動きが良くて内容も充実しているんです。教えたことないようなパス廻しと展開が随所に見られる。結果初日はブロックで二位となりました。

さて翌日はトーナメント戦です。負けたらいつものビリ決定トーナメントにまわってしまうのですが、やはりこの日も調子がいいのです。初戦を突破し、2戦目はブッロク全勝の優勝候補のチームとの対戦となりました。

キックオフから緊迫した張りつめた空気が伝わってきます。彼らの試合でこれほど緊張感を味わったのは初めてでした。全選手が集中しているんです。
やはり強豪なので予想通り局地戦では力負けし押されます。しかし、この試合で味方のゴールキーパーがボールを触ったのはたったの2度でした。そして、我らのエースが放ったミドルシュートが相手のディフェンスとゴールキーパーの頭上を越えて無人のゴールネットへ吸い込まれたのです。

快挙です。決勝進出を果たしたのです。決勝では全員を出そうとコーチ陣で相談し温存していた小学一年生を動員。圧倒的なパワーで押されっぱなしでしたが、それでも耐えて耐えて0-1というスコアで試合を終えて見事な準優勝です。

準優勝 盾.JPG

ずいぶんと出来過ぎの今年の初試合でしたが、やれば出来るという彼らの自信になったと思います。そして同時にあと一歩の悔しさも味わえたことでしょう。
ワタシ達も勝利がもたらす快感というのは良いものだと実感したのでありました。

今年も少年達と一歩ずつ歩んで行きますか。

八潮SC準優勝.JPG


posted by Johnny-Dee at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック