2008年10月29日

繰り返し

なんだかんだと自己中心的に感じたことなどを気ままに書いている。
そして振り返ると似たようなことを何度か言っていたりもしている。
ちょっとボケてきたのかなぁーと思いつつも、似たようなことというのは常に脳の一番引き出しやすい場所に格納されていることだから、それがその人のらしさをつくっているのかもしれない。



ジャフメイト 表紙.JPG

そんな中のひとつに自動車のウィンカーについて書いたことがありまして、JAFから送られてくるジャフメイトという小冊子11月号に掲載されていたこんなお題目の記事が目にとまりました。

そのウィンカー.JPG


そしてその理由は

そのウィンカー内容.JPG


Johnny-Deeの航海日誌から一昨年夏に書いた“ウィンカー”

http://kiram.seesaa.net/article/22824660.html


ご再読ありがとうございました。(^_-) 


ウィンカー前.JPG

ウィンカー後.JPG


posted by Johnny-Dee at 06:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
周囲に合図を送るためのウインカーなんですから、早めの点滅は当然ですよねぇ。
私はウインカーの件では、あともうひとつ。
2車線以上の幹線道路や高速道路で車線変更の時、たった2回出して終わりっていう人、最近多くありません?
てゆーか、ほとんど?
車線変えると同時に点滅、しかも隣の車線に移りきる前にウインカーを消す・・・。
何の意味があるんでしょうか?
他の運転マナーでもJohnny-Deeさんみたいにモノ申したいことは山ほどあります(笑)。
今度語り合いましょう(爆)。
Posted by ノブ at 2008年11月01日 22:26
ノブさん

我が家の自動車はお年寄りなために急加速急停車急ハンドルが出来ないこともあり、早め早めの合図は必然になるのですけれど、近代の車は急が付く動作をいとも容易くこなせる性能を手に入れたことも要因のひとつになっているのかもしれませんね。
びっくりする程あっという間に車間を詰めたと思った途端に曲がったりレーンチェンジしたり出来てしまうのですよね。
車の高性能ぶりに人間の五感はついて行けているのかどうか?
安全運転談義いいですね。W
Posted by Johnny-Dee at 2008年11月02日 06:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック