2008年10月16日

笑って許して

組織の中でルールに則って行動する。傍からみてれば素直で聞き分けが良くて問題も起こさない優等生ということだろうけれど・・・


埼玉スタジアム全体.JPG
ここは埼玉スタジアム。サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のアジア最終予選の日本vsウズベキスタン戦。

埼玉スタジアム日の丸.JPG

埼玉スタジアムウェア.JPG


誰が出ればどうなるだとかは専門家ではないから分からない。でもTVで観るのとは違い、スタジアムのもっとも高い所から俯瞰で眺めていると、全体の動きがよく見えて、もっと全体がアグレッシブにと感じたよ。

埼玉スタジアムコーナー.JPG

攻守の切り替えの特に攻撃に転じた時にギアをセカンド、トップへと入れ替える。それは選手が試合の中で何かを感じたら、自分の考えで動きたいように自由に飛び回ってもいいんじゃないのかなぁということになるのかな。
もしそれがどうしていいのかわからない?というならば、少年時代からのサッカー指導に問題があるのかもしれない。



この日は国家斉唱に歌手の和田アキ子さんが登場されたのですが、試合当初の予感が当たり“笑って許して”という結果になってしまったと、一緒に試合会場に足を運ばれた方が言われていたのでありました。

埼玉スタジアム和田アキ子.JPG
・・・


posted by Johnny-Dee at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック